交通事故について知っておきたいこと

交通事故について知っておきたいこと

交通事故とは車両などによる事故のことを指しますが公共交通機関において転倒したり、車内設備接触して負傷する車内人身事故も交通事故として取り扱われます。

毎日全国ではたくさんの交通事故が起きていますがそのうちの約7割が人身事故だといわれています。

自分では気を付けているから大丈夫だと思っていても突然起こってしまうのが現実です。

Yahoo!知恵袋情報が様々な条件で検索可能です。

では、もし自分が事故の被害者になった場合知っておくべき基礎知識をご紹介します。
まず、事故に合ったときに一番にすることは警察への連絡です。

軽い接触事故で怪我をしていないと感じても連絡をしなかった場合、保険請求に必要な「交通事故証明書」を貰えない可能性も出てきます。


次に、現場の保存です。

また加害者の氏名・住所・連絡先・保険会社・車のナンバーを確認しておかなければ加害者が逃げてしまった場合何も手掛かりがなく泣き寝入りしてしまう可能性があるります。

そして実況見分をする際きちんと事実を伝えましょう。
加害者の言い分が事実と違うときは主張し冷静に話し合うことが大切です。一方で絶対にしてはいけないことは、その場での余談と念書等をかいてしまうということです。

もし余談で済ませてしまうとその後病院で怪我や後遺症が見つかった場合損害賠償が請求できなくなる可能性が高いからです。

そして軽い接触でも必ず病院へ行きましょう。



少しのかすり傷や打撲程度に見えてもむち打ち症の可能性や内臓が損傷を受けている場合は少なくありません。